お問い合わせの多い外壁と屋根の塗替え Q.A.
外壁を見ると細かい亀裂がたくさんあり、きれいに直るのか心配です。
壁にヒビワレが・・・直せますか?
外壁や窓廻りのシーリング材が劣化してきていますが、大丈夫?
コロニアル屋根の色がハゲてきていますが、塗り替えが必要ですか?
屋根や外壁にコケ/藻/カビのようなものが生えていますが大丈夫?
部屋の温度上昇を緩和させる効果の遮熱塗料は取り扱っていますか?
メールによる見積りはしてもらえますか?
見積りにかなりの差があり、どの業者も自社が良いとアピールしますが?
見積りを依頼する時に事前に何か用意することは? 立ち会いは必要?
見積りはどのくらいでいただけますか?
塗替えするときれいになるけど、その他にいいことって何ですか?
どのくらいの期間で塗替えたらいいの? 建物の塗替え時期は?
塗料のランク によって塗装品質の差は大きいですか? 長持ち性は?
超耐候形 【ラジカル抑制塗料】 とはどんな塗料ですか?
塗装する前にテスト塗装して色見を確認することができますか?
施工前に施主として準備することはなんですか? 近隣へのご挨拶は?
施工中に気をつけることはなんですか? プライバシーは大丈夫?
工事期間中の職人さんへのお茶出しは? 工事期間はどのくらいですか?
完成時、どのような点検(チェック)をしていますか?
外壁を塗替えリフォームした施工後の保証は? 対応は?

HOMEへ戻る

外壁を見ると細かい亀裂がたくさんあり、きれいに直るのか心配です。
ご心配ありません!!
下地の細かいひび割れを補修する材料としてフィラーがあります。フィラーは目止めという意味が
あり、本来の役割は躯体の細かいひび割れを埋めたり、表層を平滑にすることです。
各種のフィラーから最適な材料を選び、適切な補修処理をしてから行いますので、心配ありません。

↑先頭へ

壁にヒビワレが・・・直せますか?
直せます。
細かいヒビ割れは、塗材 ・ 塗装でカバーできます。
比較的大きなヒビ割れは、ヒビ割れ個所をまず補修してから塗装工程を進めます。

↑先頭へ

外壁や窓廻りのシーリング材が劣化してきていますが大丈夫?
シーリング材(コーキング材)の寿命です。
外壁が窯業系サイディングの場合、必ずつなぎ部分にシーリング材(コーキング材)が充填されて
います。
また、窓廻りや建物の各所にもシーリング材が使用されています。
このシーリング材にも寿命があり、場所によっても多少異なりますが約12~15年程度といえます。
劣化したシーリング材は弾力性がなくなり、亀の甲羅のようになって硬直したり、亀裂が入ったり
します。
こうなると防水機能は働かず、外部からの湿気や水分が建物内部に侵入する危険性が高まります。
ゆえに、外壁の塗替え時にはシーリングを新しく打ち替えしたり、状態によっては増し打ちを
したりするような処理を施すことが、塗替えリフォームの重要なポイントになります。


 

↑先頭へ

コロニアル屋根の色がハゲてきていますが、塗替えが必要ですか?
新築後なら12~15年後が塗替え時期の目安です。
コロニアルは水を通さない素材であると言われていますが、水が染み込む素材です。
北陸富山の冬期間には染み込んだ水が凍結膨張して表層から破壊されていきます。
表面の塗装が無くなれば、雨天の日は雨が染み込み、晴天の日は水分の吐き出しを繰り返して、
その傷みは加速します。
痛みが進行する前に、早めの塗替えをお勧めいたします。
施工例ページの中の「コロニアル屋根 塗替えについて」で詳しく説明しています。

↑先頭へ

屋根や外壁にコケ/藻/カビのようなものが生えていますが、このままでも大丈夫?
黙認は禁物です! 早々に塗り替えが必要です。
超耐久性・超低汚染性・防藻・防カビ性が高い塗料で、早々の塗替えリフォームをお勧めします。
株式会社 健翔がベストな塗装プランのご提案と、高品質塗装をご提供致します。

家の外壁や屋根のコケ/藻/カビについて

↑先頭へ

部屋の温度上昇を緩和させる効果の遮熱塗料は取り扱っていますか?
勿論、取り扱っております。
屋根からの暑さを抑え、室内温度の上昇を緩和させる屋根用の遮熱塗料や、外壁の遮熱と断熱の
W効果を発揮する、防水性の高い外壁用遮熱・断熱性塗料もあります。

外壁/屋根の遮熱性塗材の3つのポイント
高い低汚染性の塗材であること。(遮熱塗料は塗膜表面の汚れによって遮熱効果が低下)
高い耐久性の塗材であること。(強靭な塗膜で紫外線等の塗膜劣化要因に対する耐候性)
高い遮熱性効果の塗材であること。(太陽熱反射特性による高い遮熱効果)

    

遮熱塗装をすると冬場は太陽熱エネルギーが反射され、その分室内温度が低減する?

↑先頭へ

メールによる見積りはしてもらえますか?
対応いたします。
メールによるお見積りは、あくまでもメールの内容を推察した概略のお見積りをご提示させて頂いて
います。
完成品などは標準価格があり、値引率を積算して工事費用を別途お願いすることによってお見積りを
ご提示することができますが、特に塗替えリフォームの場合は、現在の状態を見てそれに基づいた
適切な塗材とお客様のご要望を取り入れてその工程を組み立てることが、最も重要になります。
他の業者さんの宣伝などでよく見る、「一式00円!」や「パック00円!」 「ズバリ00円!」と
いったたぐいの提示は、株式会社 健翔ではしておりません。
お気軽に、「お問い合わせフォーム」又は「メール」「お電話」等でお問い合わせ下さい。
株式会社 健翔は、現況に基づいたお勧め塗材/コスト/塗装ノウハウ/施工品質に自信があります。

↑先頭へ

見積りにかなりの差があり、どの業者も自社が良いとアピールしますが?
株式会社 健翔にお任せください。
塗装工事というものは現場での職人ひとりひとりの手作業の積み重ねによって行うものです。
幾ら高い塗料を選定しても、工事に当る職人の「塗装技術」の良し悪しは勿論、施工の中での
「細かい配慮」.「取り組む姿勢」「モラル」.が仕上がりを左右します。
また、
それが数年後の差となって表れます。
塗り替えの見積りを依頼しても、「やり方」はほぼ業者が決めます。(というより提案です)
例えば3社から見積りをとれば、3通りの見積りを見る事になります。
一例とした場合・・・・・3社から見積りを取り各社の価格は以下のようになりました。
             さて、あなたならどの業者を選びますか?
             但し、各業者とも同じ面積で見積ったものとします。
A社 80万円 
B社 100万円 
C社 120万円 
詳しい工事内容や工事費用の妥当性が解らないお客様には頭を抱えるものとなり、そしてその結果
おそらくB社を選ぶ方が多いのではないでしょうか?
これは『真ん中(平均的)を選べば安心』と言う人間の深層心理によるものです。
しかしA社が最良のケースもありますし、C社のみが真っ当な見積りを提出しているケースもあり
ます。 「安いから良くない」 「安いから良い」 又 「高いから良い」 「高いから良くない」や、
「平均的な価格が一番」という考えは一切捨てて考えた方が良いです。
業者を選ぶに当って大切なことは、
豊富な塗装知識と優れた技術力や施工ノウハウをもってより高品質な塗料を使い、真剣に取組む
心構えをもった職人達がその工事に当る業者であるかという事が大切と言えます。


株式会社 健翔がベストな塗装プランのご提案と、高品質塗装をご提供致します。


↑先頭へ

見積りを依頼する時に事前に何か用意することはありますか?  立ち会いは必要?
特別には必要はありません。
見積りをご依頼される時はお住まいの現況と施工面積の確認にお伺い致しますが、その時にお住まい
立面図をお見せして頂くことで、より正確な施工面積を算出し、お見積りに反映することが出来
ます。
現況確認の日のご家族の立ち会いは特別必要ありません。
ただ、立ち会っていただきご要望等を事前にお聞きできれば、初回のお見積り提出にそのご要望を
反映し提出致します。

↑先頭へ

見積りはどのくらいでいただけますか?
通常4日~1週間です。(ご依頼の物件によっては1週間を超える場合もあります)
現場調査および計測&ご要望の聞き取り→お見積り作成→お見積り届け及び内容説明となります。
ご相談、お見積りは一切無料です。 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
※但し、通常ヒヤカシと呼ばれる見積り依頼はご遠慮願います。特に屋根のお見積りの場合はハシゴ
を持参しての診断が必要となる場合がありますので、近年にはまだ施工意思のない(当面はない)の
お見積り依頼はご遠慮願います


↑先頭へ

塗替えするときれいになるけど、その他にいいことって何ですか?
家の寿命が伸びます。
塗替えすると綺麗になるだけではなく、建物の寿命を伸ばし、つまり資産を守り、価値を高めること
になります。
更に御家族の生活感も大きく変わることでしょう。

株式会社 健翔が考える
住まいの塗替えリフォームは『 第2の新築した気分♪』をご家族全員が喜んで
頂けるよう取り組んでいます。


↑先頭へ

どのくらいの期間で塗替えたらいいの? 建物の塗替え時期は?
SOS信号が出たら塗替え時期です。
外壁等は、手でこすってみて塗料が白っぽく手につく(チョーキング)現象があれば塗替え時期です。
その他、ヒビ割れや爆裂などの現象は壁のSOS信号です。又、艶がなくなってきていたり変色退色
なども外壁の塗替え時期です。
金属部では、錆の発生が見られるようになればSOS信号です。
屋根は直接手で触れられませんので目検討ですが、色のムラとか基材の剥がれが出てきましたら屋根
のSOS信号です。

建物の塗替え時期について & チェックポイント

↑先頭へ

塗料のランク (グレード) によって品質の差は大きいですか? 長持ち性は?
各種の塗料にも色々なランク(グレード)があります。
1ランク質を下げますと耐久性が数年に落ちることがあります。
耐久性は短くなり、艶がなくなるのが早く色がさめた感じがいたします。
例えば、ウレタン樹脂塗料やシリコン樹脂塗料にも水性系もあれば溶剤系もあり、また1液型のもの
もあれば2液型もありと、その種類・性能・価格は塗料の内容によって(製造メーカーによっても )
大きく違ってきます。
株式会社 健翔では、お施主様の希望とされる塗替えリフォームを基に、ご予算に合ったハイグレード
な塗料を現在の躯体の状況に合わせて、下地調整剤~下塗り~中塗り・上塗りまでをベストに組み
合わせて、ご提案致します。

株式会社 健翔の高品質塗り替えリフォーム
外壁サイディングボードを約3倍長持ちする塗替えリフォーム

↑先頭へ

超耐候形 【ラジカル抑制塗料】 とはどんな塗料ですか?
塗膜の中に発生する劣化因子がラジカルで、ラジカルの発生により塗膜の劣化が促進されます。
従来の汎用塗料は紫外線、酸素、水などの影響で塗膜の中に劣化因子(ラジカル)が発生し、結合材
として使用される樹脂の結合が破壊され、塗膜劣化の原因となっています。
この劣化因子(ラジカル)の発生を強力に抑制させる塗料が 【ラジカル抑制塗料】 です。
この劣化因子であるラジカルの発生を抑制させることで、その塗膜は長期亘り建物・住いの保護と
美観を維持します。
因みに、ネットの中で「ラジカル塗料」という呼び方をしているページが多くありますが、正しくは
【ラジカル抑制塗料】です。

詳しい【ラジカル抑制塗料】についてご説明

↑先頭へ

塗装する前にテスト塗装して色見を確認することができますか?
大きい見本板を使用して、目の映りを確認してカラーを決めるのがベストです。
株式会社 健翔では、外壁の塗替えには ”A4サイズの大きな見本板” で施工前にご確認頂いています。
どのような仕上がりになるのかを、前もって ”大きな施工工程見本板” でお見せすることも出来ます。

各所専用塗料のカラー見本がありますので、お好みのカラーからご自由にお選びいただけます。
又、1階と2階をモダンな2色カラーで色分けすることも自由に選択できますし、雨樋/破風板
/軒天など住まいに合ったお好みの色にすることができます。
(施工例魅力と感動の外壁リフォームをご参考に)


↑先頭へ

施工前に施主として準備することはなんですか? 近隣へのご挨拶などについては?
外壁に隣接している物は、極力壁から移動していただく物(場合)もございます。
高圧洗浄を行う時に水道を、コンプレッサー等の器具を使用する時は電気を使用させて頂きます。
ほとんどのご家庭には、外に水道と外部コンセントがありますので、それを使用させて頂きます。
ちなみに、近隣の住民の方への配慮としては・・・
工事前には、株式会社 健翔が事前に近隣のお宅に訪問しご挨拶をさせていただき、ご迷惑がかから
ないように配慮いたしますのでご安心ください。
手塗りをしても、予期せぬ強風が吹いたりすると塗料の飛び跳ねがおきることがあります。
万一を避けるためにも足場外側には飛散防止ネットを張り、万全な中で施工致します。

↑先頭へ

施工中に気をつけることはなんですか? プライバシーは大丈夫ですか?
外壁塗装でしたら施工期間中は通常どおりの生活をして頂いて全く問題ありませんが、塗装を行っ
ている最中は窓は開けられませんので注意して下さい。
窓を開けたい場合は、工事担当者に伝えれば養生をはがし、室内の空気の入れ替えは行えますので
ご安心ください。
また、工事期間中のプライバシーには徹底した配慮を心掛けています。
その他、工事中は塗装した各所に触れないで下さい。 通常は最低8時間(常温 20度)~24時間
置けば安心です。
ただし、風通しの悪いところや湿気の多いところではこれ以上かかる場合もあります。

↑先頭へ

工事期間中の職人さんへのお茶出しは?  工事期間はどのくらいですか?
工事期間中の職人さんへのお茶出しなどのお気づかいは、基本的に必要ありません。
工事期間は家の大きさや形、傷み具合や、季節・天候などによって変わってきます。
外壁塗替えリフォームなら一般的な2階建て住宅の場合で、約1週間~2週間くらいが目安です。
また、軒天、破風板、雨樋や屋根の塗装を行うか行わないか等によっても異なります。
雨天の日などは作業を中止することもあるので、そのぶん工事期間が延びます。

↑先頭へ

完成時、どのような点検(チェック)をしていますか?
足場を解体する前に施工個所を入念に徹底チェックします。
その後、お施主様にもチェックしていただき、お施主様がご納得後に足場を解体します。

↑先頭へ

外壁を塗り替えリフォームした施工後の保証は? 対応は?
施工後の保証について。
お施主様の中で〇年保証があると安心できると思われがちですが、〇年保証を約束致しますからと
言って施工しながら、〇年保証期間内の間に閉鎖したリフォーム業者もいろいろいます。
また、〇年保証を謳い文句のように塗替えリフォームをプレゼンしている業者さんもいらっしゃいま
すが、その後の対応が全くなっていない業者もいろいろいらっしゃるようです。
社歴20年以上の弊社が大切にしていることは、塗替えリフォーム工事を受けた一軒一軒のお施主様
から施工後、何年経っても あの会社を信頼し、依頼して良かった! と思ってもらえる仕事をすること
を最も大切にしています。
万が一、塗料選定ミスや工事施工上のミスでクレームとなるような事があった場合には、〇年保証を
謳い文句にしてプレゼンしている業者さん以上に、 「迅速かつ適切な対応を固くお約束致します」
ので、どうぞご安心下さい。
又、施工保障につきましては施工内容・使用材料・施工金額等、物件状況に照らして1年~10年の
施工保証を一般的に付けています。
ちなみに株式会社 健翔が推奨している塗料の完成塗膜における期待耐用年数としての一例は次の通り
です。
セラミック複合ウレタン塗料:10年~12年 セラミック複合シリコン塗料:12年~15年
ラジカル抑制 シリコン塗料:14年~16年  セラミック複合フッ素塗料:15年~20年
ラジカル抑制 無機複合フッ素樹脂塗料 :18年~22年
外壁 塗替えで5年保証/10年保証の一例です。

↑先頭へ